英会話ダイアリー:マンツーマンレッスンを受けてみて

先日、マンツーマンレッスンを受けさせていただきました。
先生はEmilでした。

先生はいつもよく話しをするEmilとはいえ、約2年ぶりの英会話レッスン、そして、カナダでの語学学校から約1年ぶりの授業だった為、はじめは少し緊張していました。
その反面、どんなことが学べるかワクワク感もありました。

レッスンは「先週末は何をしてたの?」などの簡単な会話から始まりました。
英語で話し出すと、これってどうゆう風に英語で言えばいいのだろうと頭で色々考え出して、返答するのに時間がかかりましたが、先生がヘルプしてくれてなんとか会話が成り立ちました。。。笑

その後、本来は前回のレッスンの復習に入りますが、私は初回だった為、本題に入りました。教科書は英語がずらーっと並んでいて、一見難しそうにも思いましたが、先生がしっかり説明しながら進めてくれるので、きちんとテーマを理解できました。
テーマは”Time”でした。

テーマだけ見ると簡単そうですが、学べることがたくさんありました。
例えば1週間でどの日が好き?という質問に、「私は土曜日が好きだ」と答えました。
普通に "I like Saturday." と答えましたが、正しくは ”I like Saturdays.” でした。
この場合、土曜日は複数形になるとのことです。
日本語では曜日に複数形はないので、つい "土曜日!" 、"Saturday!" とそのまま言ってしまいがちですが、英語の頭に切り替えて複数形のこともしっかり理解して発言しようと思いました。

あと、知っているようでちゃんと意味を知らなかった言葉 "Easygoing" の意味を知ることができました。
カナダでよく耳にしていた言葉です。なんとなくこうゆう意味かな〜という感じで聞いていました。
Easygoing : not strict, doesn't get angry easily
つまり、すぐに怒ったり、ピリピリしない、穏やかであるということですね。
ちなみに私とEmilは二人とも Easygoing で、他のスタッフも私の印象ではみんなEasygoing です。ですので、気軽になんでも話してくださいね♪

話を戻しますが、
初めて生徒さんと同じようにマンツーマンレッスンを受けて思ったことは、本当に会話に集中できる授業でだったなということです。そしてやはり楽しかったです。
それから、私の声って英語の時はこんなに小さいのか、ということでした。
生徒さんから、レコーディングを聞くけど自分の声が小さいので聞こえないという話を聞いたことがありましたが、まさに私もそうでした。恥ずかしがらずもっと大きい声で話すようにしようと改めて思いました。。。

あと、レッスン後にもっとあの時こうゆう風に言えばよかったといくつか反省があったので、予習をしていればもっときちんと会話できてただろうな〜とも思いました。

生徒さんの気持ちがより具体的に分かってよかったです。
以上、マンツーマンレッスンのレポートでした。