私と英語 〜留学偏 part1〜

留学に行こうと決意してから、仕事を辞めることをなかなか上司に言い出せずにいましたが、そこを乗り越えないと何も始まらない!
ということで、まず相談という形で上司に話すと、ご理解いただくことができ、さみしいけど何でも挑戦、経験することが大事、頑張っておいでとのお言葉をいただくことができました。

7月いっぱいで無事退職し、その後、留学に向けて色々動き始めました。
といっても留学に関して、何も知識がなかったので、まず、完全無料で留学サポートをしているエージェントを探し出し、説明を聞きに行きました。

留学先はとりあえず、漠然とカナダに行きたいと思っていました。
理由は平和な国だという印象があったのと、カナダに知り合いがいて、そしてまだ行ったことのない国だったからです。
ただ、寒さに耐えられるか悩んでいたところ、西海岸の方はそこまで寒くならないとのことでした。バンクーバーは雪はあまり降らないし、語学学校がたくさんあり、比較的大きい街ではあるということを聞きました。しかし日本人が多いとのことでした。日本人が多いところは意味があるのかな、、、と思っていたところ、同じ西海岸にあるビクトリアというところも今は語学学校がいくつかできて留学生も増えてきて、バンクーバーと比べるとまだ日本人は少ないだろうということを知りました。

ビクトリアはBenの出身地でもあり、ブリティッシュコロンビア州の州都で、バンクーバーの横にある小さな島にあります。写真で見ると花と緑が多く、イギリス植民地だった時の名残でヨーロッパ調の建物もあり、とても可愛らしい街でした。
私はずっと大阪で育ち、一度は喧騒な都会から離れて生活してみたいなと思っていたので、私にぴったりだと思い、行き先はビクトリアに決めました。

次に、学生ビザかワーキングホリデービザで行くか聞かれましたが、即答で学生ビザでと答えました。当時はまだ私の英語力で伸びたとしても働ける気がしなかったからです。
語学学校に半年間だけ行くことを決めました。学生ビザの場合は、語学学校の期間プラス90日間滞在することができたので、学校が終わった後はカナダを旅行して帰ってこようという計画を立てました。
そして、語学学校は比較的小さくてアットホームな雰囲気の学校を選び、その語学学校が紹介しているホームステイ先に2ヶ月間滞在することにしました。

無事にビザもとることができ、10月にカナダ、ビクトリアへと飛び立ちました。
留学編part2に続く。。。