綺麗な街バンクーバー!

IMG_0675.JPG


ハイダグアイから飛行機で2時間、バンクーバーに戻り、そこで3日間ほど滞在しました。

一人旅をしていると本当に感じるのですが、現地について最初で最大のミッションは宿にたどり着くこと。だと思います。


この時は宿に行くには空港から電車とバスを乗り継いで行かなければなりませんでした。

バンクーバーのスカイトレインは一駅ずつ停まってくれるし、間違えてもただ反対のホームに行けば良いだけなのでわかりやすいですが、バスは、なかなかわかりにくかったです。

バスに番号と簡素化された道の名前が書いてあるだけですし。

それでもバスの運転手さんに''ここに行きたいのだけどこのバスで合ってるのか。もし合ってるなら一番近くのバス停に来たら教えて欲しい。"と伝え、ようやくバスに乗り込むことができました。



ドキドキしながら運転手さんの指示を待っていると''ここだよ''と教えてくれました。

でも降りただけではどちらに行けば良いか分からなくて、キョロキョロしてるとバスから降りて来てわざわざ教えてくれました。

なんて良いおっちゃん...!

カナダには1週間ぐらい滞在してましたが、本当にみんな親切で優しかったです。



宿の建物の中に入るのに少し手間取りましたが無事、部屋に到着。

フライトの関係で空港に着いた時には既に日は落ちて周りは暗くなりかけていたので色々と焦りましたが人に道を聞き歩いてなんとかたどり着くことができました。

バンクーバーは安全だと聞いているとはいえ、女性一人で大きなスーツケースを抱えて初めて来た国の知らない街を歩くのは、初日は結構ドキドキします。

1日街を歩くと慣れるのですけれどね。

実際、本当に静かで良い街でした。夜遅く帰って来ても何の問題もなかったです。





バンクーバーで面白かったのはDavieストリートとGastown、そして街に沢山建っていたマンションの形が私にとってはアーティスティックに見えて、面白かったです。



Davieストリートとは別名、ゲイストリート。LGBTの人たちの街です。LGBTカラーであるレインボーが色んなところにあり、面白かったです。

愛の形は人それぞれで、この世に一つでも多くの愛があるというのは素晴らしいことだと思います。





Gastownはお土産ショップがいっぱいあったり、何より街並みが可愛くて面白かった。どこを撮っても絵になるなぁと思いながら。

ただ、Gastownを東に進むと徒歩圏内にあまり雰囲気の良くない、ややこしいエリアに行ってしまうので、もしこれから観光されるという方がいらっしゃるならお気をつけ下さい。



サンライズにはカナダ出身の先生がいて、オススメレストランやオススメスポットのリストを持っていた私は本当にラッキーでした。

(皆さんもバンクーバーへ旅行する際はぜひ!先生に聞いてみてください)



中でもオススメの一つであるオムレツが有名なお店に朝食を食べたくて入ったのですが、本当に絶品でした。ふわふわのオムレツの中にはマッシュルームやピーマンがゴロゴロ入っていてとろけた香り高いスイスチーズ合わさり...最高に美味しかったです。

欧米では朝食をちゃんとしたレストランで食べる文化が日本と比べて沢山あるんですが、本当においしくて、バンクーバーで有名な朝食レストランに2回行きました。


そしてそこのレストランでちょっとした出会いが。

ツアーに参加し、4日間一緒に過ごしたグループの人たちとお別れしてさみしかった私は、とあるバンクーバーの朝食レストランでカウンター席の隣に座った上品なマダムに話しかけました。もちろん英語で。

そしたら色々と話をしてくれて。

(私のためにゆっくりした英語で話してくれたので聞き取りやすかったです)最後に朝食をおごってくれたのが最高にカッコ良かったです。

将来、こんなにカッコよく奢れる人になりたいなぁと思わせてくれたマダムに出会えたバンクーバーでの朝でした。


こんな風にコミュニケーションが取れる英語って素晴らしい。

image1.jpeg



次はニューヨーク編!