My trip to Cambodia!

IMG_0357.jpg

お久しぶりです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近はカンボジアへ旅に行ってきたのでその話を書きたいと思います。

 

カンボジアはシェムリアップという街に行きました。完全に観光産業で成り立っている街だからか、治安もものすごく良く、警戒していたスリや、ボッタクリもほぼゼロで、本当に治安がいいことにまずビックリしました。

(現地の方の話だと、首都であるプノンペンは、もう少し事情が違う様ですが。)

アンコールワット遺跡がとても有名で、多分に漏れず、私もそこへ行きました。

インドから仏教が発祥し、日本に渡ってきたと言われている仏教ですが、

日本と同じ様だけれど少し違うお釈迦様の仏像や、礼儀作法を見るのは遠い歴史を感じて、とても面白かったです。教科書で勉強したことを肌で感じると、勉強をするのが、とても面白く感じます。

 

同じく歴史でいうと、これは日本に帰ってから友人が教えてくれて気がついたことですがポルポト政権の影響でカンボジアは、お年寄りがとても少ないです。

慰霊塔の前を通り過ぎた時、ただただ、亡くなられた方たちの幸せを願うばかりだと、感じました。

 

 

他にも、子供達が裸足で元気一杯遊んでいたり、大人たちはいい意味で適当に仕事をしていたりと、文化的に違う事がたくさんあり、それらが一つ一つとても面白くて、楽しかったです。

日本は良くも悪くもものすごーーーーーーーーーーく!真面目で几帳面だと感じているので、大雑把な性格の私としては、カンボジアのユルイ雰囲気にとても癒された自分がいました。

現在のグローバルな自由資本主義の中で経済発展していくためには、日本の几帳面さは、すごく強みには、なるのでしょうけれど。

 

 

そして、今回、外国を旅をしてみてものすごく実感したことがあります。

 

 

英語が話せた方が、外国での旅は、楽しい。

 

 

海外旅行に行った時、もしくは計画中なので英会話を始めたいとご来校下さる生徒さんの気持ちがとてもとてもとーーーてもよく分かりました。

外国に行くと、英語が世界の共通言語なのだなぁということが、改めてよく分かります。

旅の道中は、異国の地ということもあってかなのか、普段のシガラミというものがないからなのか、いつもよりオープンマインドになれる気がします。

そんな時に現地の方と、その土地についてだったり、生活のことだったり、政治のことだったりをお話をするのはとても楽しいです。

 

英語の勉強に疲れてきたら、英語に触れる楽しさを実感するために海外へ旅するのも、’’一つのテ’’かもしれないくらい、英語が話せた方が海外旅行は楽しいです。

私自身、海外へ行くのは本当に久しぶりでしたが、またすぐ行きたくなっています。

趣味は''海外への旅''になりそうです。

 

皆さんはどこの国へ旅がしたいですか?

また次回、ぜひお話お聞かせ下さいね。

それではまたスクールでお会いできるのを楽しみにしております!