Mao: 自己紹介

こんにちは。

皆様お元気ですか?(^^)

最近はよくかぼちゃスープを作りますが、もう少し秋に近づいてからの方がかぼちゃが美味しくなるそうですね。

個人的には、美味しいお塩と少しの豆乳、シンプルな味付けの冷静スープがおすすめですよー。(^^)

さて、

今回は自己紹介として、私が「英語を勉強したい」と思い至るまでの経緯をお話させていただきます。

 

現在の私は、友人のことをよく知る為に、今後更に沢山の人と出会っていく

為に、自由に英語が話せるようになりたいと思っています。(もちろんその先は英語以外も!)

目標は、2年後に英検一級合格です。(^^)

現時点では、まだネイティブの方のスピードや語彙力には全然ついていけないレベルですし、勿論資格などもありませんので、地道に学習中です。

ですが、こういう具体的な目標ができたのは最近の事でした。

 

私と英語との出会いは、本人には記憶のない幼少期と母から聞きました。

某︎○ィズニーの英語ビデオ(もちろんVHS!)を見せてくれ、私の将来に期待してくれましたが、全く興味を示さずに終息したそうです。むしろ、嫌いな様子だったとのこと。小学校でも国語や生物の授業が好きでした。

 

しばらく期間が空いて、次の関わりは中学生の頃です。

学校で英語の授業が始まったんですね。

他の教科に比べ苦手であったことを覚えています。りんご「apple」のスペルを覚えるのに「アププル」と読んで覚える工夫をしていました。笑

ローマ字と綴りが違う単語が覚えにくかったんですね。

(10年以上後に再会した友達が、私が英語嫌いであることを覚えていたのには驚きましたが、そのくらいです。)

学校のテストの点数を取るためには勉強しなきゃな、と思っていました。

 

そして高校生になりますが、ここでは記憶にないほど英語と疎遠になっていました。

この頃はダンスをしていたので、リズムやメロディーが好きという理由で洋楽を聞いていたくらいです。(思えば、英語だけでなく他言語もあったかもしれませんね。)

 

この後大学に入学し、相変わらず英語を学習する気はありませんでした。

サークルで軽音楽部に入り、音楽の世界に惹かれ、ここで初めて英語の歌を歌いたいと思い、英語に興味を持ち始めます。

入学当時の私は「普通の人間には英語は話せないし、歌えない。」という激しい誤解があったため、

先輩に歌えるよ、と教えてもらった時には衝撃でした!(^^)

 

その後も、曲を通して英語に触れましたが、

英語に対する興味は、発音やリズムにばかり興味があり、自分の話し言葉にすることはあまり念頭にありませんでした。

ですが、3回生の頃、世界情勢などを見聞きする機会が増えました。

今後、国外の人とも意思疎通ができるようにならなくては、と思い、

ここでやっと、英語くらいは話せるようにならないとな、、、と感じるようになりました。

 

そこで4回生後期から休学し、ワーキングホリデーのビザで半年間カナダに渡ります。ただ、この渡航は英語学習の為でもありましたが、何より日本国外に一人で住んでみたい気持ちが強かったように思います。

ここで嫌いだった英語を、語学学校で再学習することになりました。

様々な国の人と一緒にする英語学習は、辛いこともありましたが、今思えばとても楽しかったです。

 

そして短い滞在でしたが、友人ができました。

その友人は後に日本に滞在することになりますが、様々な話をするうちに、どうしても言葉の壁を感じるシーンが増えてきました。

今も、日に日に英語学習の必要性を感じる気持ちが強くなってきています。

結局は、ひたすら、幼少期・中学時代に植えた苦手意識と面倒になる気持ちとの戦いなのですが、

今は必要性を感じる機会が増えた分、目標や一緒に勉強する友達もできて、楽しくなってきました。

これが現在の私に至る経緯です。(^^)

 

という訳で、皆様と一緒にこれからも諦めずに、

目標達成に向けて頑張っていきたいと思っています!

特に、とりとめのないお話でしたが、

是非、お時間の許す日に私がおりましたら、受付に立ち寄って、皆様のことも聞かせてくださいね!

そして私に何か手伝える事があれば、いつでも声をかけてください!(^^)

 

長々と失礼しました。

-Mao